読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幻想的なホワイトオムライス

f:id:satotkr0125:20150901230135j:image

腹が減った、、とにかく、、、
仕事中ずっと心の中でつぶやいていた、というか声に出していた
早めに仕事を終わらせ、未開の地へ足を踏み入れる高揚感とランチパスポートを握りしめ今日も街へ繰り出す。

とにかくお腹が空いていたので以前から気になっていたBARへ入る。
f:id:satotkr0125:20150901230144j:image
BARで出すカレーってどうなのよ、しかも500円で食べれるときたもんだ
f:id:satotkr0125:20150901223524j:image
結果、、は
可もなく不可もなく「the 500円のカレー」...

五分もかからず平らげてしまう。
可もなく不可もないのでコメントも何もなし。ただお店の雰囲気が分かったのは良しとする。

何度も言おう。

お腹が空いているのである。

こんな犬のメシ程度のやっつけカレーを出されても今のわたしの胃袋と精神は満たされないのである。

なんならハシゴも良いのではないのか1000円で二軒のメニューを楽しめるなら悪くはない。
ランチパスポートを再びめくり写真がとても魅力的だった「ホワイトオムライス」なるものに照準を合わす。

お店は雑居ビルの4Fの居酒屋さん。
汚く狭い店内に無理くり詰め込まれひたすらメニューを待つ。
噂のメニューはこちら

f:id:satotkr0125:20150901224047j:image

なんとも写真では幻想的で美味しそうなのでしょう^_^
ホワイトオムライスの正体はホワイトソースがたっぷりかかってるかと勝手に思っていたが、黄身なしたまごがライスにのっているだけの「just a たまごのせごはん」(ーー;)ちなみにごはんにケチャップはない...
ご覧の通りソースが微小も微小でこのソースの割合でゴハンを食べろっていうのか、と(ーー;)
割合としてはコロッケ3分の1の大きさでゴハン三杯を食べる感じ(ーー;)

味はたまごとゴハンの味、、、でした(ーー;)

店内はごった返し、店の外にはランチパスポートを片手に持ったサラリーマンが列をなしている。

w..w...Why ...??
みんな引き返せ!まだ間に合うぞっ!
心の中のみで叫びわたしはお店をあとにする

サラリーマンのみなさん
何事も経験ですよね、、(ーー;)